So-net無料ブログ作成
検索選択

軽度認知機能障害の発症率の男女差 [認知症]

男性は女性と比べ軽度認知機能障害の発症率が高い
軽度認知機能障害(MCI)の発症率には性差が見られ,女性と比べ男性の方が発症しやすいと,米メイヨー・クリニックのグループがNeurologyの1月31日号に発表した。

MCIの発症率に関するこれまでの報告では,タイプ別の検討はあまりなされていない。
同グループは,男女別のMCI発症率とタイプ別(健忘型MCIと非健忘型MCI)の発症率について検討した。

対象は2004年10月の登録時の年齢が70〜89歳で,認知機能が正常だった1,450例。登録時とその後15カ月間隔でClinical Dementia Rating scale,神経学的評価,神経心理学的検査などの評価を行い,MCIの発症の有無を調べた。

追跡期間中に296例がMCIを発症した。
年齢と性を標準化した1,000人年当たりのMCI発症は63.6例で,女性の57.3例に対し男性は72.4例と多かった。
1,000人年当たりの健忘型MCIの発症は37.7例,非健忘型MCIの発症は14.7例だった。
健忘型および非健忘型MCIの発症も,男性(43.9例と20例)が女性(33.3例と10.9例)より多かった。

また,教育歴12年以下の群は教育歴がそれより長い群よりMCIを発症しやすい傾向が見られた。

<原文>
The incidence of MCI differs by subtype and is higher in men: The Mayo Clinic Study of Aging.
Roberts RO, et al. Neurology 2012; 78: 342-351.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez/22282647

出典 Medical Tribune 2012.2.16
版権 メディカル・トリビューン社

遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細 [がん]

遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター
日本人の肺がん患者の半数を占めるとされる肺腺がんで、原因とみられる遺伝子の異常な融合を、国立がん研究センターの河野隆志研究所ゲノム生物学研究分野長らのグループが発見した。
医学ネイチャー・メディシンで13日までに発表した。

河野氏によると、日本人の肺腺がん患者319例を調べたところ、うち6例で本来結び付くはずのない遺伝子の「KIF5B」と「RET」が融合していた。
融合によってできたたんぱく質の中にある酵素「キナーゼ」の働きが異常に強まり、肺腺がん細胞が増殖することが分かった。

遺伝子の融合は後天的な影響とみられる。
今回異常が判明したのはいずれも非喫煙者で、たばこ以外の要因が考えられる。

キナーゼの働きを抑えると、がん細胞の増殖が抑制されることも確認。
米国で甲状腺がんの治療薬として承認されている「バンデタニブ」で、同様の効果が見込まれるという。 

出典 Care Net.com 2012.2.14
版権 Care Net

トマト、メタボ予防に効果 [メタボリックシンドローム]

トマト、メタボ予防に効果=脂肪燃焼の新成分発見-京大
血液中の脂肪増加を抑える新成分がトマトに含まれていることを、京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループが発見した。マウスを使った実験で、血液などの中性脂肪量を抑制することが確認された。メタボリック症候群の予防に効果が期待されるという。10日付の米科学誌プロス・ワンで発表した。

河田教授らは、トマトの実とジュースの成分を精密に分析。脂肪の燃焼を最も活性化させる成分として、不飽和脂肪酸のリノール酸に類似した物質を特定した。

この物質を化学的に合成し、肥満マウスの餌に0.05%加えた結果、4週間で血液と肝臓の中性脂肪が約30%減少した。脂肪燃焼に関わるたんぱく質の増加やエネルギー代謝の向上、血糖値の低下も見られた。

河田教授は「人間の場合、毎食コップ1杯(約200ミリリットル)のトマトジュースを飲むことで同様の効果が得られる」と話している。

出典 Care Net.com 2012.2.13
版権 Care Net


マッサージ効果 [リハビリテーション科]

マッサージ効果の詳細解明=細胞でミトコンドリア生成-加大学
激しい運動をした直後に筋肉をマッサージすると、細胞レベルでは炎症を起こす物質が減り、痛みが和らぐとともに、細胞内でエネルギー生産などを担う小器官「ミトコンドリア」が生成され、回復を促すとみられることが分かった。
カナダのマクマスター大などの研究チームが実験で解明し、5日までに米医学サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。

マッサージをめぐっては、疲労の原因となる乳酸が除去されるとの見方がこれまで強かったが、マッサージの前後で筋肉細胞の乳酸量はほとんど変わらなかった。
研究成果は筋肉の張りや痛みをより効果的に治療する技術の開発に役立つと期待される。

http://www.carenet.com/news/det.php?nws_c=26297

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。