So-net無料ブログ作成

軽度認知機能障害の発症率の男女差 [認知症]

男性は女性と比べ軽度認知機能障害の発症率が高い
軽度認知機能障害(MCI)の発症率には性差が見られ,女性と比べ男性の方が発症しやすいと,米メイヨー・クリニックのグループがNeurologyの1月31日号に発表した。

MCIの発症率に関するこれまでの報告では,タイプ別の検討はあまりなされていない。
同グループは,男女別のMCI発症率とタイプ別(健忘型MCIと非健忘型MCI)の発症率について検討した。

対象は2004年10月の登録時の年齢が70〜89歳で,認知機能が正常だった1,450例。登録時とその後15カ月間隔でClinical Dementia Rating scale,神経学的評価,神経心理学的検査などの評価を行い,MCIの発症の有無を調べた。

追跡期間中に296例がMCIを発症した。
年齢と性を標準化した1,000人年当たりのMCI発症は63.6例で,女性の57.3例に対し男性は72.4例と多かった。
1,000人年当たりの健忘型MCIの発症は37.7例,非健忘型MCIの発症は14.7例だった。
健忘型および非健忘型MCIの発症も,男性(43.9例と20例)が女性(33.3例と10.9例)より多かった。

また,教育歴12年以下の群は教育歴がそれより長い群よりMCIを発症しやすい傾向が見られた。

<原文>
The incidence of MCI differs by subtype and is higher in men: The Mayo Clinic Study of Aging.
Roberts RO, et al. Neurology 2012; 78: 342-351.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez/22282647

出典 Medical Tribune 2012.2.16
版権 メディカル・トリビューン社
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。