So-net無料ブログ作成

遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細 [がん]

遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター
日本人の肺がん患者の半数を占めるとされる肺腺がんで、原因とみられる遺伝子の異常な融合を、国立がん研究センターの河野隆志研究所ゲノム生物学研究分野長らのグループが発見した。
米医学誌ネイチャー・メディシンで13日までに発表した。

河野氏によると、日本人の肺腺がん患者319例を調べたところ、うち6例で本来結び付くはずのない遺伝子の「KIF5B」と「RET」が融合していた。
融合によってできたたんぱく質の中にある酵素「キナーゼ」の働きが異常に強まり、肺腺がん細胞が増殖することが分かった。

遺伝子の融合は後天的な影響とみられる。
今回異常が判明したのはいずれも非喫煙者で、たばこ以外の要因が考えられる。

キナーゼの働きを抑えると、がん細胞の増殖が抑制されることも確認。
米国で甲状腺がんの治療薬として承認されている「バンデタニブ」で、同様の効果が見込まれるという。 

出典 Care Net.com 2012.2.14
版権 Care Net

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。