So-net無料ブログ作成
検索選択

成人糖尿病患者の加齢症状 [糖尿病]

成人糖尿病患者で早い加齢症状の出現
退役軍人局アナーバー保健医療システム研究員でミシガン大学と老年学研究所(いずれもアナーバー)のChristine T. Cigolle助教授らは「50歳代の糖尿病患者では,糖尿病でない同年代の人より“加齢症状(geriatric conditions)”がはるかに早くから出現する」との研究結果をJournal of General Internal Medicine(2011; 26: 272-279)に発表した。

中年時から症状の進行観察を
Cigolle助教授らは今回,ミシガン大学による長期の全国的健康聞き取り調査の「Health and Retirement Study」を基に,2004年時点で51歳以上だった1万8,908例のデータを分析。
各年齢層別に加齢症状を比較した。

その結果,51~79歳の成人糖尿病患者では,非糖尿病成人患者に比べて,認知障害,失禁,転倒,めまい,視力障害,聴力障害,疼痛などの加齢症状が早期から出現することが分かった。
特に中年期の糖尿病患者ではその差は顕著に見られた。
ただし,年齢を追うごとにその差は縮小した。

同助教授は,今回の研究結果について「中年の糖尿病患者で,これらの加齢症状が増加し始めることが示された。糖尿病は複数の臓器に影響を与えるため,加齢に関連するさまざまな問題に大きくかかわっている可能性がある」と述べている。

さらに「糖尿病の成人患者では,従来考えられていたより早い段階から加齢症状に注意すべきである。加齢症状の有無は患者の病的状態や機能を大きく左右する。早期発見により,より有効な治療を行うことができ,進行抑制にもつながる」と結論している。

出典  MT Pro 2011.9.22
版権 メディカル・トリビューン社

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Lobster666

初めまして。Lobster666と申します。DMを専門にしている内科医です。
糖尿病患者さんを診ていると、実年齢より老けて見える人が多いように思います。やはりエビデンスのあることなのですね。
by Lobster666 (2011-10-07 19:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。