So-net無料ブログ作成

DPP-4阻害薬初の配合剤が本日発売 [糖尿病]

ピオグリタゾンとの配合,武田薬品工業
武田薬品工業は本日(9月20日),DPP-4阻害薬アログリプチン(商品名ネシーナ)とチアゾリジン薬ピオグリタゾン(同アクトス)の配合錠である2型糖尿病治療薬「リオベル配合錠」を発売した。
日本では糖尿病治療薬としては3番目の合剤で,DPP-4阻害薬の合剤としては初となる。

膀胱がんリスクへの対応はピオグリタゾンに準じる
リオベル配合錠は,1錠当たりアログリプチン25mg・ピオグリタゾン15mgを含有する「リオベル配合錠LD」と,同25mg・同30mgを含有する「リオベル配合錠HD」の2種類で,いずれも1日1回の経口投与。
添付文書は,ピオグリタゾンによる膀胱がんの発生リスクに関する「使用上の注意」に合わせたものとなる。
日本で販売される糖尿病治療薬の配合剤としては,メタクト(一般名ピオグリタゾン+メトホルミン),ソニアス(同ピオグリタゾン+グリメピリド)に次いで3剤目,DPP4阻害薬では初となる。

ただし,同薬は,2型糖尿病治療の第一選択薬として用いることはできない。
                                 (木下 愛美)
出典  MT Pro 2011.9.20
版権 メディカル・トリビューン社


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。